フリーランスの悩みへの立ち向かい方

会社勤めを行っているサラリーマンは、時にはフリーランスの仕事がうらやましく思うような事がある。自由に仕事の計画を立てられる気軽さが、魅力的に見える。
しかし一方で、フリーランスが抱えている問題については、見逃していることが多々ある。独立してフリーとしての仕事を目指す場合には、フリーしての仕事ならではの特別な事情について知っておいたほうがよい。

フリーランスの悩みとしては、クライアントとの立場関係がある。フリーとして仕事を引き受けていると、クライアントに対してどうしても弱い立場に立つ事がある。すると、時には無理難題を押し付けられるといった事例がでてくる。ビジネスマンとしては、バランス感覚を持って仕事が利益になることを考えるべきである。しかし、次の仕事に続くことを期待して、無理に損となる仕事を引き受けなければならない事もある。

大きな企業に勤めていると、企業が持つ確かなブランドの影響力が背景となって、ビジネスを有利に進める事ができている点について、忘れがちではある。フリーとなれば、バックアップの力を得ることは難しい。独立して仕事をフリーとして引き受けていくためには、自身の力で上手に立ち回っていくためのしたたかさが必要である。ビジネスの環境で生き抜いていく力に確かな自信を持つ人であれば、フリーとなっても悩みをうまく乗り越えていき、そこからさらに大きなビジネスチャンスへとつなげていく事ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です