フリーランスを続けるには家族や仲間が必要

IT業界で活躍するため、フリーランスとなって仕事に励もうとする人が増えている。エンジニアとしての幅広いスキルが要求されるものの、ヒアリングからシステムの構築まで1つのプロジェクトを完成させられるように広い経験を積んできた人であれば、自分の力を試す場として憧れの仕事ともなる。
請け負った仕事を遂行していく度に報酬が入ることはやりがいもあり、仕事の量が見込めればやればやるほど儲けになるシステムは気概の高いエンジニアにとってはよい働き方である。

しかし、自分で仕事を選んで好きな時間に仕事ができるという自由があっても、悩みがないわけではない。一見、自由の身でありながら企業に勤めていたときにはない悩みが多数あるのである。仕事を継続的に探さなければならないプレッシャーや、仕事でミスをしたときの対処の懸念、顧客との相談上でのトラブルの心配等、あらゆることを自分で背負わなければならない分、苦しくなるポイントが多いのである。

それに拍車をかけるのが、相談相手になる同僚がいないということである。会社では愚痴をいう相手もいるかもしれないが、個人で働くフリーランサーにはそういったコミュニケーションをとる仲間がいないのである。
しかし、相談相手が居ないのはメンタル上よくない。家族がいれば家族と、それが適わないなら同じ悩みをもつフリーランサー達との交流を通してそれを払拭していくということも、安定した生活をするための大切な事である。
フリーランス特有の悩みは、経験者や同じ環境にある人たちに打ち明けるのが得策かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です